戻る


★星平会海占いスクール★
何故、占いを勉強するのか




人付き合い、人間関係の基本は、相手をよく見るということです。
相手をちゃんと見る、ということです。

人付き合いが苦手な人、人間関係がうまくこなせない人というのは、
、この、
『相手をちゃんと見る』という事が、出来ていないのです。

ですから、他人に対して、
「あの人の行動は、理解不能だ。」
「何を考えているのか分からないから、信用できない。」
と、よく見もしないうちから、相手を敬遠してしまうのです。

人間は、分からないと腹が立つものです。

腹が立つもののそばには、誰だって居たくないので、
「あの人は嫌いだ」と片付けて接触を避けようとします。

そして、その人間をちゃんと理解しないまま、毎日を過ごすようになります。




  ★初歩★


しかし、占いの勉強は、他人をよく観察しないと身につかないのです。

ですから、好き嫌いといった感情抜きに、苦手意識を持っていた人にも
関心を向け、その人をよく見るようにならないと進歩しないのです。

苦手な相手でも、興味を持って観察してゆくと
「なるほど、この人は、こういう星を持っているから、そう考えるのか・・・」

というように、不可解だった相手の事が、少し分かるようになってきます。


これが、占いを習い始めた、初歩の段階です。


習ったとおりに、その星を持つ人に、その星の持つ意味を当てはめて
「この人は、○○星をもつから、こういう人なんだ。」と、理解します。


 ★次の段階★


しかし、占いの勉強は、ここからスタートするのです。


一旦は、星の持つ意味を相手に当てはめ、納得します。
しかし、これは、
「単なる決め付けだった」ということに気が付かなければなりません。


例えば、誰かが「プライドが高い星」を持っていたとしても、その現れ方は色々です。

「プライドが高い」と言う表現は、気取っていて、
人を見下すようなイメージをもたれやすいのです。

しかし、その人が人当たりがよく、他人との付き合いも、そこそこいいとなると、
なんとか、その人の中に無理やりにでも「プライド」を見つけようとします。

ですから、その人の中の「プライドが高い」部分だけ、追いかけて
他の特徴に意識が向かわなくなってしまう事が、よくあるのです。





そこで、更にヒアリングをしてゆき、「プライドの高さ」というのが、人に頭を下げられないとか、モノを頼めないとか、同情を嫌うとか、集団行動をしないとか、外見を飾るとか、権威を好むとか、と意味を砕いて説明してゆくと、「それはあるある」となるのです。

自分の体験を通して実感してゆかないと、決め付けで終わってしまうのです。



  ★最終段階★


更にその人をよく観察してゆくと、それだけではない事が見えてきます。

そして、一つの占法では満足できなくなり、他の占法も学ぶようになってきます。

ですから、星平会海(せいへいかいかい)という占法に、どうしても行き着いてしまうのです。

そうすると、相手をかなり立体的に見れるようになり、
その中で際立った特徴は何かを、全体の中から探るようになります。


ここまで来ると、もう、

他人に対して、苦手意識がほとんどなくなっていることに気がつきます。

そして、積極的に人と話をし、その人は何に関心があり、どんな反応をするのか
相手のことをもっと知りたい、と思うようになります。

人は、自分に興味を持ってもらえると、うれしいものです。

ですから、自然と自分の周りに人が寄って来る様になり
やがて、「実は・・・」と、悩みを打ち明けられるようになってきます。

これは、完全に信頼関係が結ばれた証拠です。




 ★自分も見る★


『相手をちゃんと見る』

この訓練をするために、占いの勉強は本当に役立ちます。

嫌いな人、苦手な人が、この世の中からいなくなってしまうのです。

そして、実は、この『相手をちゃんと見る』行為というのは

そのまま、
『自分自身もちゃんと見る』行為につながっているのです。

ですから、嫌いな人、苦手な人がいなくなったということは、
自分自身の中にある、嫌いな部分、苦手な部分がなくなったということなのです。


 ★自由人生★


育った環境から受けた、「・・・しなければならない」「・・・であるべきだ」
といった条件は、自分の人生にストップをかけ、人との交流を妨げます。


『相手をちゃんと見る』目を養ってゆくと、自分にかかっていた「条件づけ」というブロックが邪魔をしてきます。
ちゃんと見ているようで、「条件付け」した窓からしか見ていないことに気がついてくるのです。

このブロックを外さないと、成長は止まってしまいます。

人付き合いの基本
『相手をちゃんと見る』ということは
相手のありのままを受け止める、ということなのです。


相手のありのままを受け止めるには、まず、自分のありのままをさらけ出さなければなりません。
これは、簡単そうに見えて、勇気のいることです。
自分にウソをつかないということですので、他人との表面的な付き合いしかしてこなかった人は
友達を、失うことになるでしょう。

それでも、勇気を持って、超えてみるのです。本物がどこにあるのかわかってきます。

やがて、
『ありのままの自分も、他人も受け止める』というところに到達すれば、
他人とさらさらの交流が出来、生きるのが楽しくなってきます。

他人の目を気にせず、自分の体に合った、自分のやり方を見つける事が出来ると

自分流の自由な人生を、堂々と歩めるようになるのです。



是非、多くの人に、占いを学んで欲しいと思います。


戻る