トップページに戻る

 

Ginza
Bar



話しを聞いてほしい方
どうぞお越しください

カウンセリングバー
・カウンセリング料金:3,000円

飲み物:持ち込み可能です



お酒のご注文(1,000円)
 
ビール小瓶一本・グラスワイン・ウイスキーグラス一杯・日本酒グラス一杯・焼酎ほか
 
(コーヒー、お茶などはカウンセリング料金に含まれます)

ご案内 
カラオケもできます♪
      
営業日 不定期:下記をご参照ください



◆2016年10月29日(土)
17時~21時(終了)
 
電話かメールで、前日までに必ずご予約ください!
電話:090-1216-5050
メール:kouryu@uranaischool.com




 









カウンター5席 ボックス席2つです。
小さな店なので、親近感があります。
初めての方も、私のカウンセリングを受けたことがある方も、
どうぞお越しください。



場所 〒104‐0061 東京都中央区銀座8-5-9民友ビル3F【みづき】
代表:マザー紅竜
電話:090-1216-5050
メール:kouryu@uranaischool.com
※メールかお電話でご予約ください。



お問い合わせは、
酒の飲みの紅竜までお願いいたします。



代表:マザー紅竜

電話:090-1216-5050
メール:kouryu@uranaischool.com


 



 
その他の個別占い鑑定、カウンセリング、スカイプレッスンなどもやてます~ 




 



【相性占いの事例】


※事例:ある夫婦の相性

※事例:どこまでも面白い大塚家具の父と娘の争い




◆相談者:男性1968年生まれの、医療関係の方です。
 奥様との相性を見てくださいとのことでした。
 詳しい生年月日は、掲載しないでほしいということでしたので、生まれ年だけ書かせていただきました。




相性は、星平会海(せいへいかいかい)という
①四柱推命
②占星術を使います。
さらにここでは、
インドの③宿曜経
そして台湾の④紫微斗数推命
さらに⑤ホラリー占星術
5つの占いを組み合わせてみていきます。





①四柱推命で見る相性

●十干:::体質をみる
ご主人は、『己』といって土の陰の人。
奥様は、『壬』といって水の陽の人。
この二つの組み合わせは、四柱推命の陰陽五行の法則では、土が水の流れをせき止めるといって、
良くない相性に分類されますが、実際は、非常にうまくいっている夫婦に多い組み合わせなのです。
つまり、
十干の相性は◎です。
『壬』である奥様が流動的な考えができる人で、判断力も決断力もあります。
一方の『己』であるご主人は、とても優しいのですが、自分の感情を抑圧してしまうので、
ときどき感情が不安定になることがあります。そんな感情面の軌道修正をしてくれるのが、
『壬』だということです。
その軌道修正をするときに、奥様のほうがご主人を叱るような形が好ましい組み合わせです。
なので、ご主人が奥様がちょっとコワイ・・・、とか、
家は恐妻家、鬼嫁健在、などと思っているぐらいがちょうどいいということです。
奥様は、ご主人のちょっとやんちゃなところ、感情的なところが、可愛くて仕方がないと思っています。
奥様のほうが、あっさり、さっぱりしていて、少し男っぽいタイプなのが、このご夫婦のスタイルですが、
普段はご主人が、威張っているかもしれません。
ご主人は、ときどき奥様にガツンと言ってもらうほうが、
頭の中の整理整頓ができていいと、どこかで気づいているはずです。



●通変星:::価値観の相性をみる
奥様が『傷官』、ご主人が『印綬』。
これは、価値観がまったく合いません。
どんなふうに合わないかというと、奥様の傷官がご主人の印綬を嫌うのです。
どんなふうに嫌うかというと、上から目線でえらそーに話しされるのが、なんとも気に入らないというのが一番です。
ご主人にしてみると、なんでそんな細かいことにいちいちこだわるのだ?
要はこういうことだろう、という考えを持っていて、考え方が大人びているのに対して、
奥様は、普通の人よりも、重箱の隅が気になってしまうところがあるので、
そこを突っつきたくなってしまうのです。
頭では、それほど大騒ぎする問題ではない、ということがわかっていても、
つい、我慢できずに口から「そのカーテンの開け方が・・・」とか、「靴の脱ぎ方が・・・」とか、
気になっていることが、つい口から出てしまうのですが、
「じゃあ、開け閉めに困らないようににこうすれば」と一言で片づけられてしまうと、
それはそうなんだけどと、細かいことを気にしている自分が馬鹿にされているような気持ちにさせられ、
キ~~~っとなってしまうのです。

この通変星は価値観を表すところですが、価値観が合わないということです。
同じものを見て、同じところに関心を持ち、同じところで納得し、同じところで感動する、
というのが、ことごとくずれていて、力関係では、先ほどの十干と逆で、
ご主人のほうが、奥様に勝てる関係です。
しかし、十干のように、相性は良くないです。したがって、
価値観での相性は×です


●干支の相性:::気の因縁をみる
同じもの、合(ごう)するものが多いほど、縁が強いとみます。
同じ干と支・・・己、丁、亥
同じ通変星・・・時柱地支の劫財、命式中の印星、官星、
干合・・・壬と丁、己と甲
支合・・・卯と戌、
三合・・・午と戌、巳と酉、亥と卯、
数は多いほうです。
合わさる数が多いほと、離れられない相性となります。
夫婦の場合は、
腐れ縁だから、、、といった感じになりやすいです。


●五行バランスの相性:::気の相性を見る
ご主人は、主体が『土』ですが、この土が強すぎますので、土を弱める五行を持つ人が合います。
奥様は、主体が『水』ですが、偏りがなく『水の根』もしっかりあり、とっても五行バランスが良いです。
しいて言えば、『水』に対して『土』が少ないので、ご主人の強い『土』はかえって好都合です。
ご主人にとっても、奥様の『水』は、『土』の力を吸収してくれるので好都合です。
二人合わせるととてもバランスがよくなります。
○の相性です。





②占星術で見る相性

●人生目標:::
最悪、目標が全く違います。ご主人が奥様を甘いとみています。
●素の自分:::最高!同じ屋根の下にいて一番疲れない相性です。
●話し方:::最高!お互いドライな部分、冷静な部分で会話でき、話が弾みます。
●美意識:::良くも悪くもない。お互いにあまり干渉しません。
●闘争本能:::最悪か最高のどちらか
極端。ぶつかると相手がギブアップするまで戦い続けるのでちょっと危ない。
●散財部分:::まあまあな相性。ご主人は趣味にお金を使ったりギャンブルが好きで財布のひもがゆるすぎる。奥様は社交性がありすぎて人付き合いにお金を使いすぎる。使う部分は違うが、お互いにあまり束縛しない。
●人生の最終地点:::。奥様はストイックになっていき、そんな自分に酔いしれますが、
ご主人も、自分のやりたいことが自由にできる喜びに酔いしれて、
やはりお互いあまり束縛しない関係が最終的に落ち着くところです。
片方が外出すると、濡れ落ち葉的に片方がくっついてきて、うっとーしいとか、
いつも一緒にいられてオシドリ夫婦とかにはならないです。
勝手気ままに自分の活動ステージを見つけ、
そこで活躍、発散したら、家に帰ってきてまったりとする、
そのリズムが同じなので、同じ屋根の下に住む家族としてはとてもいい相性です。







③宿曜経で見る魂の相性


ご主人は、『鬼』、奥様は『房』:::業胎の相性。
この組み合わせは、前世でも夫婦であったか家族であったか、
少なくとも、とても近しい間柄であった可能性が高いです。

その前世でやり残したことがあって、今世で出会うのが業胎の関係です。
夫婦の場合、
魂の故郷が同じなので、
頭で考えても追いつかない何かの因縁を感じて一緒になるケースが大半です。

幸い、四柱推命や占星術をここまで見てきていると、
二人の相性はとてもいい部類に入るので、
もしこの二人が離れ離れになるとしたら、それは生を終えるときでしょう。
夫婦関係でやり残したことがあって、今世でも結ばれているとみて間違いないです。

それをご夫婦でよく考えると、かならずハッとするものの気づきがあります。
おそらく同じものにハッとしているはずです。

深い縁のあるご夫婦です。






④紫微斗数推命で見る潜在意識の相性
お互いの命宮の星が、相手のどこの宮に入っているかをみます。
ご主人の命宮は、『武曲・貪狼』という強い星が入っています。
その『武曲・貪狼』の星が、奥様の兄弟宮に入っています。
奥様は、ご主人のことを、潜在意識では同僚や同輩、友達とみていることがわかります。

それでは奥様の星はご主人のどこの宮に入っているのでしょうか?
奥様の命宮には『太陽』が強い輝きを持って入っています。
その『太陽』の星は、ご主人の父母宮に入っています。
つまり、ご主人にとって奥様は、自分を生んでくれる人、育ててくれる人、目上の人というように
潜在意識では思っているということです。

これはみなさんの意識の上に上っていないことが多いので、無自覚です。
納得いかない、、、、と思う方もけっこうおります。
しかし家に帰ってよくよく考えてみると、思い当たる節がたくさん出てくると思います。
そうでなければ、生まれ時間が間違っている可能性があります。
普段は気が付かない潜在意識を、うまく意識上にもってくることができると、
より深い部分での、すれ違いや、勘違いや、疑う気持ちというのが、二人の間になくなってきます。



~~~~

ほかにも、それぞれの占術において、もっと深くみていきますが、
このように、二人の相性を、合う・合わない、といった観点だけではなく、
魂や、潜在意識や、本質、体質、価値観、しゃべり方、人生目標、人生の終末期など、
あらゆる角度から、相手と自分の特徴を知り、力関係を知り、
どのような組み合わせになるのかを見ていきます。


時には、親子でも、子供のほうが親よりも大人っぽい場合があります。
そんなとき、親が子離れできずに、家族間がぎくしゃくしていることがあったり、
子供との絆が深いがために、離婚して、シングルマザーになるなんてこともあります。

人との縁は、人には操作できないと私は考えています。
神様が与えてくれたご縁には、かならずそこから何かを学びなさいというメッセージが込められています。
意にそわない人が身近にいる場合、なにをどうすればいいのか、
占いで多くの気づきを得ることができるかと思います。

それを、ありがたく受け入れて、実生活で実践していくことが何よりも大切です。
そのためにも、相性のありかたをさまざまな角度から知ることをおすすめいたします。






⑤ホラリー占星術

この占いに関しては、特に見てほしいものが思いつかなかったので行っておりません。




 2016年4月15日作成


Ginza★Barにお気軽にお越しください



手相って、書くと変わるって本当ですか?

この間お店に来られた大学生の方に聞かれました。
本当です。すぐ消えてしまうような水性ペンで、毎日毎日欠かさず書き込んでいくと、3ヶ月後には必ず変化が起きてきます。書く時だけでいいので、なりたい自分をしっかりとイメージすることが大切です。


離婚して社会復帰できるだろうか?

子供も社会人になったから、離婚したいのだけど、仕事もずっとしていなかったので社会復帰出来るかどうか、一人で金銭的にやっていけるかどうか不安です。40代後半から50代、60代の方に多いご相談です。男性も女性も、更年期などが不安定にさせていることが多くあります。二人の適性や今後を調べ、離婚の星がからんできていないようでしたら、その離婚は待った!です。


親の介護でくたくた、いつまでこの状態が続くの?

親を思う気持ちは、神仏のご加護があると言われています。しかし、自分の生活を犠牲にしてまでも頑張り続けることは少し問題です。どんな状況で辛いのか、なるべく詳しくお話しください。占いでできるのは、風水関係になるかと思います。


彼(彼女)との相性をみて

相性は宿曜経という占いで、ズバリ判断します。相手の方の生年月日も、ちゃんと調べてきて下さい。特に恋に陥りやすい組み合わせは、『安壊の関係』といって、何かを破壊して新しく生まれ変わる組み合わせです。




あの人は自分のことどう思っているの?

ホラリー占星術という方法で、相手の気持ちとあなたのきもちが相思相愛なのかを読み解きます。まったくの片思いのこともあります。相手は遊びだけ、本命は他にいるという場合もあります。危険な恋に引き込まれないように。


会社を辞めたい、辞めてもいい?

これは、占いはよく答えを教えてくれますよ。転換期に差し掛かっていたら、ムリにしがみつかないで勇気を出して羽ばたいたほうがいいです。しかし、転換期ではなく、今は踏ん張ったほうがいい場合もあります。


職場の人間関係に悩んでいる

人間関係は、宿曜経というインドから伝わってきた占いが優れていますが、一体どんなことが原因でこじれているのか、出来る限りみんなの生年月日を調べてきて下さい。たいてい価値観の違いが原因です。価値観は全く違う5つの種類があります。正しい考えが最低でも5つはあるということです。それをお教えします。


健康運をみてほしい?

健康運を占いでみるのは、実はとても難しいのです。ましてや人の生き死にに関わること、つまり「いつ死にますか?」ということと、「子供がいつできますか?」ということです。持って生まれた肉体的ウイークポイントはわかりますので、そのケア方法をお教えします。


将来お金に困らないかどうか不安

本当にお金に困らない生まれの人というのがいます。波乱万丈の人もいます。節約型の人もいます。貯蓄型、浪費型、博打好きの人、稼ぐのが上手な人、使うのが上手な人、いろいろです。あなたの金運は、あなたのお金に対する価値観に現れています。




トップページに戻る