戻る

 

書籍のご案内





 
〜人間の運は人間関係にある〜


 


紫微斗数推命の書籍です。

 〇タイトル・人間の運は人間関係にある

 〇著者:古木千凡(ふるきちぼん)

 〇著者のご紹介ページ

 〇A5サイズ・308ページ

 〇価格・3000円+消費税

 
書籍のご購入は、こちらのフォーマットからお願いいたします。


【紫微斗数推命の運の見方・仲居正弘さんの事例つき!】おまけをつけました!
 詳しくはこちらをクリックしてください。

 

 
 

























 
この書籍は、紫微斗数推命の命盤にあらわれる、

その人の生まれ持った人間関係のあり方や、

育った環境、配偶者のタイプ、

どんなところに住めばいいのか、

お金の稼ぎ方、

外に見せる顔と、本心の違い、

晩年のテーマなど、

通常の吉凶を用いる占いとは全く違う観点から、星の解釈をしています。


例えば、

命宮という、その人の本質を表す場所に天同星というおだやかな星が入る人は、

奴僕宮(ぬぼくきゅう)という部下後輩を表す場所に、紫微星というプライドの高い星が、かならず入ります。


これは、紫微星が吉星だから部下後輩に恵まれるという解釈はせず、

紫微星の特徴である、学歴の高い人や、育ちのいい人などを部下後輩に持つと良いと解釈をします。

なぜならば、おだやかだけど、高い精神性をもつ天同星には、

紫微星のような部下がどうしても必要だということが、

現実の生活の中でおきてくるからです。


また、紫微星のようなちょっと自分は普通の人より上なんだ、

という根拠のないプライドを持っているような人を

扱うのが上手だというのもあります。


※実際に紫微星が命宮にはいる人を指しているわけではありません。
 そのような人ということです。



また天同星が命宮にはいる人は、父母宮には必ず武曲星が入ります。

父母宮は、両親以外に、上司や目上との関係を見る場所ですが、

奴僕宮と同じように、目上に当たる人は、武曲星の様な金銭感覚に優れた人が必要だということです。

天同星は、お金をガツガツ稼ごうとは考えない人です。

そして、ガツガツ稼がなくても、使えるお金はある、なんとかなると思っている人でもあります。

そう思える背景には、武曲星のような稼ぎ頭が目上にいる環境にいつもいるからであり、

また、お金に困ったら、必ず武曲星のような人が助けてくれる生まれを持っていると解釈します。


なので、武曲星のような金銭感覚の鋭い人を目上に持つように心がけると良いということです。



紫微斗数推命をこのように解釈している書籍はほかにはありません。


いつが良くていつが悪い、

どこが良くてどこが悪い、

そういった善し悪しを占いに求めるのもいいですが、

どうしたら自分の人生はより良いものになっていくのか?

そんなことを知りたい方は、

是非この書籍で、12の宮に入る星のような人、動きを学んでください。


それが、自分の人生を輝かせる近道となります。



※この書籍は、紅竜が監修をしております。






書籍のご購入は、こちらのフォーマットからお願いいたします。

 



戻る